インレー(歯科治療ガイド)

インレーとは、むし歯での治療の際に、天然歯(自然の歯)を最小限に削ってそこに技工物を詰め込む方法のことです。

白い歯の詰めるタイプの治療は保険でもおこなえますが、歯全体をかぶせる治療(クラウン)は保険内ではできない部分(臼歯)があります。

インレーの種類とメリット・デメリット

ゴールドインレー

ゴールドインレーの長所 ゴールドインレーの短所
色が変わりにくい 自費診療となるので経済性には優れていない
磨り減りづらい 条件により、磨り経るのが早くなり審美的に使うとなれば(4〜5年)となる
天然歯(生まれながらの自然の歯)に近い硬さをもっているので、歯にやさしい。  
一切金属を使わないで使用できるので、金属アレルギーの方にも安心して使用ができる。  
扱いやすく修正が容易  

銀合金インレー

銀合金インレーの長所 銀合金インレーの短所
保険適用で経済性に優れている 年月が経つと黒く変色する
見た目が目立つ

白金加金インレー

白金加金インレーの長所 白金加金インレーの短所
ゴールドより薄い色なので目立ちにくい 自費診療となるので、経済性には優れていない

セラミックインレー

セラミックインレーの長所 セラミックインレーの短所
天然歯(生まれながらの自然の歯)と同じような見た目。審美性に優れている 金属製の素材より耐久性に欠ける
自費治療となるので、経済性には優れていない