インプラントのメリット・デメリット(歯科治療ガイド)

インプラントのメリット

  • 見た目にも自然で、審美的にも優れている。
  • 人工歯(チタン)が骨と結合し、骨にしっかりと固定されるため非常に安定する。
  • 咬み合わせがしっかりとおこなわれるようになるので、あごの骨が痩せるのを防ぐ。
  • 天然歯と変わらない程度の噛む力になれるため、自分の歯のように噛めるようになり、固い食べ物も安心しておいしく食べることができる。
  • 入れ歯やブリッジと違い、口の中に不快感が残ったりしないため、話しにくいこともなく、他の健康な歯に負担を掛けるということもない。
  • 従来の入れ歯治療などとは違い、メンテナンスをしっかりとおこなえば一生ものと考えられる。

インプラントは天然の歯に近く、天然歯と同じように使えることから、「第二の永久歯」とも呼ばれています。

インプラントのデメリット

  • 外科手術が必要となる。
  • 現在、保険制度が適応されず、自由診療となる。
  • 維持するためには十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要となる。
  • 数ヶ月間という治療期間が必要となる。
  • 強度の糖尿病などの疾患の場合インプラントが出来ないことがある。
  • お口の衛生状態の悪い方、骨の量や密度が十分でない方、心臓病糖尿病などの全身疾患のある方、妊娠中の方は治療が制限される場合がある。