歯科衛生士の役割(歯科治療ガイド)

歯科衛生士の仕事

患者さんの口腔内の病気を予防し、歯や歯ぐきにこびりついた歯垢や溜まった歯石を取り除き、予防処置をおこないます。

また、患者さんの良き相談相手となり、一人一人に合った予防プログラムを歯科医師と連携し作成していくこともおこないます。そして患者さんへより健康な歯になるためのレクチャーをおこない、患者さんと一緒になってより健康な歯を目指していきます。

歯科衛生士の主な仕事内容

歯科予防処置

患者さんの歯石や歯垢を取り除き、薬物等の塗布や予防をおこないむし歯や歯周病の予防をおこなう。

歯科治療補助

治療をスムーズにおこなうために、歯科医師の指示で診療をトータルに補助する。

歯科保険指導

歯科保険に必要なブラッシング指導や食生活指導をおこない、口腔の健康をサポートする。

介護保険、在宅歯科診療

要介護者の歯科保険サービスや歯科医師と共に在宅診療を担当する。

歯科衛生士より

歯科衛生士 (写真)

皆さんは「歯科衛生士」という職業をご存じですか?

名前は聞いたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、実際にはどんなことをしているかあまりピンとこない方も多いのではないでしょうか。

歯科衛生士というと歯医者さんのおねえさんというイメージが強いかもしれませんが、実は歯科衛生士とはお口のお掃除のプロなのです。

適切なブラッシング方法のアドバイスをすることや、お口のクリーニング(歯石取りやヤニ取り)などが主な仕事内容です。

お口の健康を保つためには、お口の中を清潔に保つことが大切です。そのためには歯磨きが必要不可欠なのです。より良いお口の環境を築くための手助けをしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。