ドクターの役割(歯科治療ガイド)

ドクター(歯科医師)の仕事

患者さんの口腔内の全ての管理をし、治療全般に携わりながら、患者さんの要望やその人に最良な治療を提供するのが歯科医師の一番の仕事です。

スタッフと連携しながら、一人の患者さんに対してチームで取り組む際の中心的な役割もします。また、ミーティング等では、患者さんの状況をスタッフみんなと共有するため、詳細について報告したりもしています。

患者さんの良きホームドクターとして、一人一人に動機付けをし、健康な歯になるためレクチャーをおこない、患者さんと一緒になってより健康な歯を目指していきます。

ドクター(歯科医師)の主な仕事内容

歯科治療全般

歯科診療に対し全ての治療の管理をし、患者さんに対して直接治療をおこなう。

患者さんのホームドクター

インフォームドコンセントに始まり、患者さんの状況把握と要望の把握。そして、治療計画を立て実行をし、口腔内の健康を改善し守る。

歯科保険指導

歯科保険に必要な指導や食生活指導をおこない、口腔の健康をサポートする。

介護保険、在宅歯科診療

要介護者の歯科保険サービスや歯科衛生士と共に在宅診療をおこなう。

歯科医師 荒井昌海より(エムズ歯科クリニック理事長)

荒井昌海

私たちは皆様のむし歯を、なるべく”短期間”で”痛みが伴わない”ように、そして最高の医療が提供できるよう日々努めております。

「短い期間で痛くないように」というのが、私も含め、エムズ歯科クリニック共通の思いです。当院では、皆様の希望に添えるよう最善の努力をすると同時に「デジタルレントゲン」や「インプラント」など最新の技術もそろえ治療にあたっております。

最近は、歯をきれいに見せるための「審美歯科」が重要視されるようになってきましたが、一方で咬み合わせの重要性も取り上げられるようになってきました。

どちらに偏ることもなく、審美性と機能性のバランスが重要だと考えています。お口の中のことで気になることがあればどんなことでも、ぜひお気軽にご相談ください。