子供のブラッシング(歯科治療ガイド)

成長にあわせたブラッシング

上の歯が生え始めたら

水を含ませたガーゼや脱脂綿などを指先に巻き付けて、歯の表面の汚れをやさしく拭き取って下さい。このころは手にしたものを何でも口に入れたがるので、歯ブラシを遊びの中に取り入れ、歯ブラシに慣れさせましょう。

また、お母さんは口の中を見る習慣を付けましょう。

1才になったら

少なくとも、朝と晩の2回くらいは小さなやわらかい歯ブラシを使って、やさしく歯面の汚れを取ってあげましょう。

1才6ヶ月〜2才頃

自我がだいぶ強くなり、一人で歯みがきをしたがります。不十分ですから、必ず後で見てあげましょう。

歯ブラシは、子供の口の大きさにあったものを選んで下さい。

3才過ぎたら

不十分ながら一人でみがけるようになります。しっかりみがけるよう訓練をはじめましょう。

乳歯のむし歯が急増する時期ですので、必ずお母さんが仕上げみがきを行って下さい。みがいた後は、忘れずにほめてあげましょう。

上手な仕上げみがき

  • お子さんをあお向けに寝かせ、頭をひざに乗せます。
  • 上下のくちびるを開き、よく歯が見えるようにします。
  • 楽しく、やさしく、みがきます。
  • 特に、歯と歯ぐきのさかいめ、歯と歯の間、歯のかみ合う溝の中に、汚れがたまりやすくなっています。
  • 歯ブラシは、ヘッドが小さく、毛先の短めのものを選びます。
  • みがく順番を決め、みがき残しのないようにします。