歯みがきを正しく(歯科治療ガイド)

歯みがきでまず大切なのは、自分に適した歯ブラシを選ぶことです。口のサイズに合わないものや歯ぐきの状態に合わないものは、かえって歯の状態を悪くすることがあります。

よって、いろいろな歯ブラシを試し、自分が一番使いやすいものを使用するか、一度当院のスタッフにご相談ください。

歯みがきについて

歯の正しい磨き方

歯垢を常に取り除いていれば、むし歯にはなりません。

実際は、きれいにみがきましたという人でも約85%しか磨けていないのです。きちんとみがいているつもりでも、磨き残しは結構あるものです。

”なくて七癖・・・”といわれるように人にもそれぞれ欠点があります。これは、歯科衛生士に診てもらえばすぐにわかります。一度歯科衛生士に指導してもらいましょう。

歯をみがくタイミング

歯をみがく目的の1つとして、「歯垢をとる」というのがあります。

むし歯の原因である歯垢が歯に付着するのに約8時間、歯垢が固まり、歯ブラシでとれなくなるのに、約24時間かかります。よって、1日1回徹底的に歯みがきを行えばむし歯は防げます。

しかし、1回の歯みがきで歯垢を完全に取り去るのは難しいので、歯みがきは毎食後しましょう。

就寝前には、必ずみがくようにしましょう。昼間は唾液の分泌がさかんに行われ、細菌の繁殖を押さえます。しかし、寝ているときは唾液の分泌量が著しく低下し、細菌の活動が活発になるからです。

歯ブラシの選び方

歯ブラシはあまり大きくないものを

ブラシの植毛部が大きすぎると、口の中でこまかく動かせません。歯のすみずみ、とくに奥歯の方まで届く大きさのものを使ってください。

毛質はナイロン製が一般的

豚毛は泡立ちが良く、歯ぐきにもやさしいのですが、柔らかすぎて歯垢をとるには向きません。ナイロン製は、品質にムラがなく、衛生的です。

硬さに気をつけて

歯垢をとるには、硬めのものがよいのですが、歯に炎症が起きているときは柔らかめのものにし、治り具合によって徐々に硬いものに替えていきます。