入れ歯もいろいろ

担当: 副院長 千原 | 2021.09.14

こんにちは。

エムズ歯科クリニック弘明寺院 歯科医師 千原です。

今回は入れ歯についてのお話です。

 

近頃は、気温も少し低くなり、金木犀や彼岸花が花開く季節になってきました。

秋と言えば、お食事のおいしい季節です。

そして、食べるためには、歯が必要です。

 

歯を虫歯や歯周病で抜かないといけないと診断を受けた…

その場合、歯を失ったところを補う治療は、主に3種類あります。

1.インプラント 2.ブリッジ 3.入れ歯

 

インプラントやブリッジは基本的には、失った歯の本数が少ない場合に使います。

失った歯の本数が多い場合には、基本的には入れ歯が使われます。

 

今回は、入れ歯についてお話ししようと思います。

 

皆さまは入れ歯というと、どんなものを想像するでしょう。

総入れ歯の場合、プラスチックのピンク色の歯茎があって、

そこにプラスチックの歯が並んでいるイメージが一般的かと思います。

 

保険診療で総入れ歯を作る場合は、そのイメージ通りで、全てプラスチックでできた入れ歯になります。

 

実は、入れ歯にも色々な種類があります。

材料の一部に金属を用いた入れ歯(金属床義歯)や、マグネットやインプラントを用いた入れ歯など、

様々な工夫をしてより使い勝手をよくした入れ歯です。

 

マグネットやインプラントを併用した入れ歯は、より入れ歯を安定させることができます。

マグネットやインプラントが支えになります。

 

では、金属を一部使った入れ歯(金属床義歯)は、どういった効果があるのでしょう。

保険診療で作るプラスチックのみの入れ歯には以下のような特徴があります。

 

・厚いので違和感が出やすい

(プラスチックは強度が低いので、ある程度の厚みがないとすぐ壊れてしまいます。)

・プラスチックは熱を通さないので、お食事の温度が感じられない。

・壊れやすい

 

これらの問題を解決するのが金属を使った入れ歯です。

金属は強度が高いので、薄くすることが出来ます。

そのため違和感少なく、使うことが出来ます。

 

以上で紹介した入れ歯は、全て保険外診療となります。

費用は以下のサイトをご参照ください。

https://xn--ms-dental-kw4hsgnr.com/price/dentures.html

 

入れ歯に悩みがある方は、いつでも気軽にご相談ください。

ACCESS / CONTACT

〒232-0054 神奈川県横浜市南区大橋町3−65

045-720-5957

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00

休診日:祝日

当院についてAbout

地図・アクセス
スタッフ紹介
理念・治療方針