ビタミン

担当: 管理栄養士 浅川 | 2021.03.09

こんにちは。東中野 管理栄養士の浅川です。

最近は、天気はあまりよくありませんが少しずつ暖かくなってきましたね。

みなさまはどのようにお過ごしですか?

今回は、管理栄養士らしく[栄養]についてお話しようと思います。

私は、肌荒れをしたときや、体調を崩した時にはビタミンを意識して取るようにしています。

なぜかというと、ビタミン(特にビタミンC)には肌に含まれるコラーゲンの生成を促すために必要であり、また、体調を崩した時に免疫細胞を活性化させてくれる働きがあります。

また、意外と思われますが、歯周病とビタミンにも大きな関りがあります。

このように、体とビタミンには大きなかかわりがあり、常に食事の中に入れて摂取することが大切になってきます。

ビタミン(特にビタミンC)は、水溶性ビタミンと言われており、簡単にいうと、熱に弱いビタミンで

加熱をしまうと、ビタミンが死んでしまいます。そのため、加熱する料理には向いていません。

サラダのように、野菜や果物に熱を加えず、そのまま食べることをおすすめします。

体を健康にするために、ぜひ、食事のバランスを意識してみてくださいね。

ACCESS / CONTACT

〒164-0003 東京都中野区東中野1−51−1 JR東中野駅東口ビル2F

03-5338-3737

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00

休診日:祝日

当院についてAbout

地図・アクセス
スタッフ紹介
理念・治療方針