花粉症と口腔内ケアについて

  担当: 歯科助手 若林 | 2022.04.30

こんにちは、エムズ歯科クリニック港南台で歯科助手をしております若林と申します。

気候が暖かくなり新緑や花々を沢山見れる季節になりました。

そんな春は気分が高揚して楽しくなるので四季の中でもとても好きな季節なのですが、この季節は多くの人が苦しめられているであろう、花粉が沢山飛ぶ時節でもありますね…!

そこで今回はお口と花粉症に関連する内容を書いていきたいと思います。

 

まず、花粉症によって鼻詰まりになると口呼吸になってしまいますよね。

ですが口呼吸をしてしまうことのデメリットは結構多いようなので何点かあげていきます。

 

・口臭の原因、虫歯、歯周病になりやすくなる
口呼吸をすると口の中が乾燥し、唾液の分泌量が減ることで唾液による自浄効果や殺菌効果が低下します。歯の表面も乾燥することで歯垢等の汚れがつきやすく、落ちにくくなるので口臭、虫歯、歯周病になりやすくなります。

・ほうれい線や口元のたるみにつながる
口を開いた状態が続くと口を閉じるための口輪筋という筋肉が衰える為、ほうれい線や口元がたるむ要因になります。

・風邪等のウイルスに感染しやすくなる
鼻呼吸をすると鼻毛や鼻の中の粘膜がウイルスや細菌が体内に入らないようにフィルターとなりブロックしてくれますが、口呼吸だとそのようなフィルターがなく細菌が直接体内に入ってきてしまい、感染しやすくなります。

・睡眠を妨げる
口を開けて寝ると、舌が喉に落ちて気道を塞いでしまい「睡眠時無呼吸症候群」を引き起こすことがあります。睡眠中に呼吸が浅くなったり止まってしまうことが起こると、質の良い睡眠がとれずに日中も眠気を感じたり疲れが残ってしまったりします。

 

以上のことを踏まえて、この時期に皆様にご提案したいことは、

・口腔内を乾燥させない為に水分をこまめにとる
・キシリトールガムを噛む(噛むことで唾液が増える+口元の筋力up)
・充分な栄養と休息をとり免疫力を高める
です!
または鼻詰まりを解消する為に耳鼻咽喉科にご相談されることも一つの手かと思います。

また少しでもお口の中で違和感を感じた時にはお近くの歯医者にご相談下さい。
口元から健康を目指して乾燥や花粉の多い季節を乗り越えましょう!

, , , ,

ACCESS / CONTACT

〒234-0054 神奈川県横浜市港南区港南台3−4−1 MKビル2F

045-900-9271

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00

休診日:祝日

当院についてAbout

地図・アクセス
スタッフ紹介
理念・治療方針