歯は大事な臓器!

  担当: トリートメントコーディネーター 内藤 | 2021.08.10

こんにちは!

毎日暑い日が続きますね・・・。

コロナだけでなく、熱中症など気を付けましょうね><

 

さて、今回のテーマですが・・・

皆さん、歯が無くなったことを考えたことはありますか?

昔、歯が全部抜ける夢を見たことがありますが、起きた時即座に鏡を見ました(笑)

歯がちゃんと全部あってすごく安心した記憶があります。

 

もし万が一、歯が無くなってしまったら補う方法は一般的には3種類あります。

その3種類とは、「入れ歯」、「ブリッジ」、そして「インプラント」です。

今回は「インプラント」についてお話します。

インプラントとは、歯が無いところの骨に穴を開け、そこにボルトを埋めて人口の歯根(歯の根っこ)を作ります。その人口の歯根に土台を入れ、最後に歯の形の被せ物を被せるというものです。

元々歯は骨に埋まって生えているので、インプラントは歯の構造に似ている為、自分の天然の歯に近い噛み心地を得ることが出来ます。

天然の歯に近い咬み心地を得られると、他の自分の天然の歯への咬み合わせの負担が減り、適切な力で全体的に咬むことが出来るので、歯が無くなった場合はインプラントが最良の治療であると言えるでしょう。

 

ブリッジは、両サイドに歯があり中間の歯が無くなってしまった場合に行える治療法ですが、両サイドの自分の歯を削らなければいけない為、歯のバリアが無くなり、虫歯のリスクやそれによるブリッジのやり替え、最終的には支えていた両サイドの歯がダメになってしまいブリッジが出来ない状態になってしまいます。

また、ブリッジは歯が無くなった部分の噛む負担を両サイドの歯に負担してもらうので、両サイドの歯へのダメージも大きいです。

 

その点、インプラントは歯が無くなった部分だけを補う治療法なので、他の歯への負担をかけずに済みます。

せっかく治療したのにまた更に歯が無くなってしまうのでは、意味が無いですし勿体ないですよね。

歯が無くなってしまった場合は、それ以上また歯が無くならないようにしていくことを考える事も、治療方法を選ぶ上ではとても重要です。

 

歯を失ってしまった場合は放置せず、しっかり咬めて、他への負担を減らすようにしましょう☆

 

しかし、やはり自分の歯の方が一番しっかり咬めますし、一生使う大事な臓器の一つです。そんな大事な歯が無くならないように日々のケアや定期的な検診、適切な治療を行い、自分の天然の歯を維持できるようにしましょう!

 

※「インプラント」は、自由診療です。(1本税込み66万円~。設計・骨の状態などにより異なります。)

※持病や口腔内の状態などによってはインプラントでの治療が難しいケースもあります。歯科医師・トリートメントコーディネーターにお気軽にご相談ください。

, , , ,

ACCESS / CONTACT

〒234-0054 神奈川県横浜市港南区港南台3−4−1 MKビル2F

045-900-9271

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00

休診日:祝日

当院についてAbout

地図・アクセス
スタッフ紹介
理念・治療方針