入れ歯はいやだ!

  担当: 副院長 飯田 | 2021.09.29

こんにちは。エムズ歯科クリニック港南台の歯科医師飯田です。

よく患者様から、「入れ歯はいやだ」と言われることが多いです。

入れ歯を使ったことのない方もそのようにおっしゃるので入れ歯のイメージってほんとに良くないんだなと思います。

そのイメージを作ってきたのは我々歯科医師なのではないかと考えるとなんだか入れ歯に申し訳ないような気持ちになります。

歯を失うと、入れ歯、ブリッジ、インプラントといった治療方法があります。

この中でどれが1番よいかと言われればインプラントだと答える歯科医師は多いかと思います。

歯医者の中でも入れ歯のイメージはあまりよくないのかもしれません。

しかしながら私は入れ歯は素晴らしい人工臓器だと思っています。

人工臓器となるか、ならないかには外せない大切な工程があります。

最初の出来栄えももちろん大事ですが、

その方にあった調整を重ねる必要があります。

つまり、歯科医師と患者様の共同作業があってこそ、究極のオーダーメイドに近づくわけです。

想像ではありますが、義足や義手を完成させるのも同じなのではないでしょうか?

患者さんは歯科医師に遠慮して入れ歯の使い心地が悪くても黙っていることが多いと思います。

歯科医も深入りはしません。

それでは永遠にオーダーメイドは完成しません。

入れ歯はお互いの協力が必要なのです。

 

 

 

 

 

 

 

ACCESS / CONTACT

〒234-0054 神奈川県横浜市港南区港南台3−4−1 MKビル2F

045-900-9271

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00

休診日:祝日

当院についてAbout

地図・アクセス
スタッフ紹介
理念・治療方針