セラミックスのメリット

担当: トリートメントコーディネーター 佐藤(優) | 2022.08.08

こんにちは。

元住吉でトリートメントコーディネーターをしている佐藤です。

厳しい暑さが続いていますが、体調崩されていませんでしょうか?

 

さて、歯科治療で使う材料の1つに“セラミックス”というものがあります。

耳にしたことはございますでしょうか?

“セラミックス”の材料を使用して治療をすることで、

保険診療で用いられる金属の材料と比較して良い点がいくつかあります。

 

まず1つ目、見た目が綺麗であること。
保険診療で用いられる金属は、見た目がご自身の天然の歯とは似つかない色味のため、
外から見える場所を金属の材料で治療すると、
見た目が目立ってしまうというデメリットがあります。
しかし、“セラミックス”の材料は、白いため天然の歯のように綺麗な見た目を維持できます。

2点目、むし歯の再発のリスクを下げられること。
保険診療で用いられる金属は、
材料に汚れが付きやすく、かつ、汚れが落としにくい、
材料自体が歪んで変形を起こしやすいことから、歯と材料の間に隙間ができやすい、
などの理由から、金属の下でもう一度むし歯が出来てしまうリスクが高いのです。
一方で“セラミックス”の材料は、
材料に汚れがつきにくく、天然の歯よりも汚れが付きにくいとも言われています。

また、“セラミックス”は変形が起こりにくい材質のため、

歪んで歯と材料の間に隙間が出来てしまうリスクを減らすことができます。

これらの理由から、金属を使用した場合の治療よりも、

“セラミックス”を使用した場合の治療の方が、

その後のむし歯のリスクを下げることができると考えられています。

ここで紹介した“セラミックス”での治療は、

保健適応外の治療になるため、費用例については以下のリンクをご参照ください。

(https://ms-dental.com/price/inlay.html)

保険適応内で治療をするメリットとしてはコストを抑えられるという点が挙げられますが、

保健適応外の治療をすることで一時的なコストはかかるものの、

治療後の見た目が良い審美性が高いこと、長持ちしやすい耐久性が高いことまで

考えられた材料を使用できることが保険適応外の治療の大きなメリットになります。

金属の見た目が気になっている方、

昔治療で使用した金属の中でむし歯ができていないかご心配な方、

是非、エムズ歯科クリニックにご相談ください。

歯科医師の診断後、

治療に関するご相談をトリートメントコーディネーターでお受けすることができますので、

ご不明な点は、何でもご相談ください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

, , ,

ACCESS / CONTACT

〒211-0034 神奈川県川崎市中原区井田中ノ町33−2

044-400-1154

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00

休診日:祝日

当院についてAbout

地図・アクセス
スタッフ紹介
理念・治療方針