諸悪の根源になり得る”悪い歯並び・嚙み合わせ”

担当: 歯科助手 上野 | 2022.04.08

こんにちは。✿ エムズ歯科クリニック元住吉所属の上野です。

新年度、いかがお過ごしでしょうか。気温も暖かくなって、過ごしやすくなりましたね。

 

本日は「歯並び・噛み合わせ」についてお話しさせていただきます。

 

「ちゃんと歯磨きしているのに・・・」

一度でも感じたことのある方が多いのではないでしょうか。

今まで、虫歯や歯周病が身体に与える影響等についてお話ししてきました。

口腔内の健康を維持する為に、口腔内を清潔に保つことはいうまでもありません。

 

しかし、今回なかでも着目したいのが「歯並び・噛み合わせ」についてです。

日本歯科矯正学会は、

歯が不ぞろいであったり、不正咬合(上下の顎の歯並びがお互いに嚙み合っていない状態)をそのままにしておくと、

①食べ物がよく噛めない
②言葉が明瞭でなくなる
③ 虫歯になりやすい
④歯槽膿漏になりやすい
⑤ 口臭の原因になる
⑥ 顎の関節に負担をかける
⑦ 歯を折ったり、怪我しやすい

といった問題点を有している、とうたっています。

故に「悪い歯並び・噛み合わせ」を改善すること、

=「矯正」は”審美性の機能を果たす”だけではないということです。

食べ物の噛みにくさ、発音の悪さ、虫歯や歯周病のなりやすさ、歯・顎への負担のかかりやすさ、頭痛・肩こりを改善する等、審美性以外のメリットも得られます。

 

とはいっても、「矯正」を検討される方の多くが「見た目」を意識して、という方が多いと思います。

「矯正」と聞くと、歯に金具を取り付ける「ワイヤー矯正」を思い浮かべる方も多いかと思いますが、最近では”透明で目立たない”「マウスピース矯正」というものがあります。

(矯正の種類:①ワイヤー矯正、②裏側矯正、③マウスピース矯正)

(矯正の費用例:https://ms-dental.com/price/ortho.html※保険適応外)

 

人の第一印象は視覚の情報が最も占めており(55%)、その印象は出逢ってたった6秒で決まるとも言われています。

私自身も小学生の頃矯正を経験しコンプレックスを払拭できた今、”矯正をして本当に良かった”と感じます。

同じ笑顔でも、歯並びが良い人では口元を着目される時間が1.75秒なのに対し、歯並びが悪いと2.47秒も口元をみられてしまう、という先行結果もあるほど。笑顔を見られる際は同時に歯並びもみられている、といえます。

 

是非、ご相談だけでもご検討ください。

皆様のご来院を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

ACCESS / CONTACT

〒211-0034 神奈川県川崎市中原区井田中ノ町33−2

044-400-1154

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00

休診日:祝日

当院についてAbout

地図・アクセス
スタッフ紹介
理念・治療方針