噛めるようになるだけじゃない、インプラント治療の本質

担当: 院長 森脇 | 2021.08.20

こんにちは、エムズ歯科クリニック元住吉の森脇です。

 

今回はインプラント治療についてお話ししたいと思います。

インプラントは歯を失った後に行われる治療で、顎の骨の中にチタン製のネジを埋め込み、その上に歯を立てる、という治療です。

インプラントは天然の歯と同じくらい物が噛めるようになるとよく言われますが、インプラントのメリットは実はそれだけではなく、他の歯を守ることにも繋がるということをご存知でしょうか。

 

インプラント治療が普及する前は、歯を失った後に行われる治療としてはブリッジ・入れ歯に限られていました。

ブリッジと入れ歯はどちらの治療でも少なからず残っている歯を削る必要があり、それらの歯に大きな負担がかかるようになります。

そして将来的に、過剰に負担がかかった歯が折れたりするとまた抜かなければならなくなり、どんどん歯を失っていくことになってしまうのです。

 

インプラントでは他の歯を削る必要がないため、ご自身の残っている歯を多く残せることに繋がります。

歯を失ったときは、いかに残っている歯を守っていくか、ということも考えていきたいですね。

 

どの治療が最適かは患者さんごとに異なりますので、歯のことでお困りの際はぜひ一度来院してみてください。

 

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

ACCESS / CONTACT

〒211-0034 神奈川県川崎市中原区井田中ノ町33−2

044-400-1154

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00

休診日:祝日

当院についてAbout

地図・アクセス
スタッフ紹介
理念・治療方針