欠損補綴

  担当: 歯科衛生士 宮内 | 2021.08.23

こんにちは。歯科衛生士の宮内です。

 

みなさんはインプラントというものをご存知ですか?

 

インプラントとは、臓器が疾病や外傷によって機能を喪失したり欠損したりした場合、その機能を回復させるため生体内に埋め込む器具や材料のことです。

特に歯科におけるインプラントとは、顎の骨に人工の歯根を埋め込んで、歯を回復させる治療法、また、その人工歯根を言います。

 

もし、歯を失ってしまったら、そのままにすることはできません。噛み合わせが悪くなったり、歯が傾いたり、伸びたりします。それだけではなく、しっかり噛めなくなるため、消化器官に負担がかかってくるなど身体の様々な部分に影響が出てきます。

 

インプラント治療で得られる新しい歯は、天然歯の80%ほどの咀嚼力があるといわれています。また、埋め込んだ人工の歯根に装着する人工歯はセラミックでできているため見た目もとてもきれいです。

 

そんなインプラントですが、天然歯には劣ります。また、治療も自由診療となるため余分なお金がかかります。歯を失わないために歯科で定期健診を受けましょう。

,

ACCESS / CONTACT

〒236-0053 神奈川県横浜市金沢区能見台通5−18

045-790-5141

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00

休診日:祝日

当院についてAbout

地図・アクセス
スタッフ紹介
理念・治療方針