スタッフブログ 記事一覧

玄米茶

こんにちは。

能見台の佐藤です。

最近、両親にパソコンの使い方を教えています。

どのレベルかと言うと、クリック、が通じないレベルですので、

クリック ⇒ カチッ

ダブルクリック ⇒ カチカチッ

と翻訳して、電話で喋っていました。

自分にとって当たり前でも、そうでない人もいる。

・・・で、玄米です。

10日間の【七号食】を終えて、気づいたこと。

・空腹時は、食べ物のことを、無意識に探して、考えている

・食べて血糖値が上がれば、それまで考えていた食べ物のことなど、きれいサッパリ忘れる

・空腹で無くとも、手の届く範囲、目に見えるところに食べ物があれば、無意識のうちに食べている

です。

スーパーの食品売り場を歩いている時の感想も変わりました。

極端に書くと、

玄米前 : 今日は何食べよっかなー。あれはこの間食べたし、食うものないなー

玄米後 : 何でもおいしく見える。

こんな感じです。

自分の中だけでも、

ちょっとしたことで、当たり前だったことが、あたりまえじゃなくなるものだな、と思います。

歯科医療従事者にとって「あたりまえ」でも、患者さんにとって「あたりまえ」ではない。

まあ、そもそも「当たり前ではない事」が自分の歯に起きていると感じて、初めて歯科医院に足を運ぶものですものね。

このあたりの感覚を、忘れないようにしないといけないなあ、と思います。