シーラント

担当: 副院長 千原 | 2021.07.15

こんにちは。

エムズ歯科クリニック弘明寺の歯科医師 千原と申します。

 

今回のテーマは予防歯科です。

 

特に子供の歯の「予防歯科」についてお話ししようと思います。

乳歯や、生えたての永久歯(専門的な言葉でいうと「幼弱永久歯」)は大人の歯に比べ、虫歯になるリスクが高いです。

 

その理由は2つあります。

 

1つ目の理由は、歯そのものが虫歯菌が出す酸に溶かされやすいため、です。

大人の歯に比べ、子供の歯は十分に硬くないため、虫歯になりやすいのです。

(専門的には「石灰化」が進んでいないためです。)

 

2つ目の理由はその形です。

特に生えたてほやほやの永久歯は、

使い込まれた大人の歯に比べて、歯の表面の溝が深いです。

 

大人の歯は使っているうちに削れて丸くなって、溝が浅くなります。

生えたての永久歯は、溝が深く、

その溝に虫歯菌がたまってしまい、そこから虫歯になりやすいのです。

 

この2つ目の理由、子供の歯の深い溝が原因の虫歯の予防に効果があるのが、「シーラント」という処置です。

 

「シーラント」とは、深い溝があるなら、

その溝を始めから材料で埋めてしまおうという処置です。

 

生えたての永久歯の溝をよく掃除してから、溝に材料を流し、固めます。

そうするとすでに溝には材料があるので、そこへ虫歯菌が入れなくなり、

虫歯になりにくくなります。

 

6歳ごろ、一番奥に生えてくる永久歯を「6歳臼歯」といいますが、

特に、6歳臼歯の溝は虫歯になりやすいです。

もし6歳大臼歯が、顔を出しているようなら、「シーラント」をおすすめします。

 

気になる方はぜひ、お声掛けください。

, ,

ACCESS / CONTACT

〒232-0054 神奈川県横浜市南区大橋町3−65

045-720-5957

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00

休診日:祝日

当院についてAbout

地図・アクセス
スタッフ紹介
理念・治療方針