銀歯とセラミックス

担当: トリートメントコーディネーター 永里 | 2022.09.13

こんにちは。

元住吉でお話を担当しています。永里です。

本日は銀歯についてお話させていただきます。

皆さん虫歯になって虫歯が大きい際は詰め物が必要になってきますが、皆さん詰め物ってなったら想像するのってセラミックスの白いものですか?

それとも銀色の詰め物ですか?

詰め物によって虫歯になってしまうリスクはすごく変わってきます。

そしてその中で銀歯はセラミックスに比べて虫歯になりやすいのでまた歯を削らなければいけなくなっていきます。

そして歯を削るごとに自分の歯はどんどん小さくなっていくので自分の歯がもろくなっていきます。

そしてもろくなってしまった歯に毎日の噛み合わせの負担が蓄積されて歯が割れてしまうということが起きます。

そして歯が割れてしまった場合は歯を抜かなければいけなくなります。

そこは何かで補わなければいけなくなりますのでインプラントやブリッジや入れ歯の選択肢になってきますが

1番良い選択肢だとインプラントです。

ですがインプラントも自分の歯には勝てません。

なので自分の歯を守ってあげるために今の時点でセラミックスで補っていくことが重要になっていくんです。

皆さんも今のお口の中に銀歯があるようでしたら早めにやり替えてきましょう。

,

ACCESS / CONTACT

〒211-0034 神奈川県川崎市中原区井田中ノ町33−2

044-400-1154

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00

休診日:祝日

当院についてAbout

地図・アクセス
スタッフ紹介
理念・治療方針