神経をとって変色した歯のホワイトニング

担当: 歯科医師 飯塚 | 2021.06.12

こんにちは。
エムズ歯科クリニック元住吉にて勤務しております、歯科医師の飯塚です。
今回は、ウォーキングブリーチ法という神経を抜いた歯を白くさせるホワイトニングについてお話ししたいと思います。
通常のホワイトニングは神経が生きている歯に対して効果があり、神経がなくなった歯に対しては効果がありません。
歯をぶつけて神経が壊死してしまったり、神経の治療をしてすでに神経がない歯、というのはどうしても変色してくるものです。
特に前歯の変色は目立つので悩まれている方も多くいると思います。
そのような神経の無い歯に対して、歯の内部に専用のお薬を入れて、その歯のみを白くする方法をウォーキングブリーチ法といいます。
また、希望の色になるまで数回、中のお薬を新しいものに交換する必要があります。
利点としては、歯の形態を変えずに歯の色の改善が可能だということ、つまりは大きく削らなくて済む点です。
治療は保険適用外で、初回¥11,000(税込)、薬剤交換1回¥2,200(税込)かかります。
症例によってはウォーキングブリーチ適応外の可能性もありますので、もし悩まれている方おられましたらまずは検診にいらしてください。
お待ちしております。

ACCESS / CONTACT

〒211-0034 神奈川県川崎市中原区井田中ノ町33−2

044-400-1154

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00

休診日:祝日

当院についてAbout

地図・アクセス
スタッフ紹介
理念・治療方針