歯が1本なくても大丈夫…?

担当: トリートメントコーディネーター 佐藤(優) | 2021.08.09

こんにちは。

元住吉TCの佐藤です。

 

歯科に通院する中で

「抜歯が必要です」と説明を受けたら驚きやショックな気持ちが大きいのではないかと思います。

「でも治療をすれば元通りに戻るのではないか?」

そう思う方もいるのではないでしょうか。

 

しかしそんなことはありません。

手を失ってしまった方が義手を使ったり、

足を失ってしまった方が義足を使ったり、

補う装置を使うことがあるかと思いますが、

それが失う前と全く同じかというとそうではないと思います。

それは歯科でも同じです。

失った歯の治療をしたとしても、

元通りに戻せるというわけではないのです。

ですから、歯を失わないことが理想的だと言えます。

 

しかしそれでも、何かしらの理由で歯を失ってしまうことはあります。

その時に考えなければいけないのは、

「どれだけ天然の歯に近づくように治療するか」ということです。

それを実現することができるのはインプラントだと言えます。

他の治療方法としては、義歯(入れ歯)やブリッジが考えられます。

しかし、義歯では天然の歯と比較して10%ほどしか噛めません。

また、ブリッジでは両隣の歯を削って治療を行うため、

他の歯を支えにして失った歯を補うという点において

天然の歯に近づけることができるとは考えにくいです。

インプラントであれば、他の歯に支えられることなく自立して立つことができ、

また噛む力も天然の歯と比較して90%ほど噛めると言われているため、

天然の歯に近い咬合力(噛む力)を維持できると言えます。

他にも様々な点においてインプラントはメリットのある治療です。

 

失った歯に対する治療方法にはいくつか種類があり、

それぞれの特徴やメリット・デメリットがあります。

それらの内容を理解し、納得した上で治療を受けて頂く必要があります。

 

治療方針に関して、お悩みのことがありましたら、

私たちトリートメントコーディネーターにご相談ください。

, ,

ACCESS / CONTACT

〒211-0034 神奈川県川崎市中原区井田中ノ町33−2

044-400-1154

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00

休診日:祝日

当院についてAbout

地図・アクセス
スタッフ紹介
理念・治療方針