審美歯科(歯科治療ガイド)

審美歯科とは美しい歯のための治療のこと。
近年日本でも、白い歯に対しての意識の向上が見られるようになりました。最近では白い歯になるための方法も様々あります。ホワイトニングやラミネートベニア、オールセラミックやセラミックインレーなど様々です。
ですが、重要なのは見た目だけでなく、本来の歯の役割、お口の役割に弊害を与えることなく、機能面でもしっかりとした働きができるような治療です。
エムズ歯科クリニックでは、咀嚼や咬み合わせをしっかりと診ながら、見た目だけではなく、機能面もしっかりと考えた診療をおこなっております。

メタルボンド

メタルボンドは、歯に技工物を覆い被せる方法です。これは、幅広いケースに対応できる特徴があります。

メタルボンドの長所・短所

メタルボンドの長所

  • 様々なケースに対応可能
  • 見た目(色や透明感)が自然の歯(天然歯)のものに近い
  • 摩耗しにくい
  • 耐久性に優れている

メタルボンドの短所

  • ある程度の技術が必要とされている
  • 希に、歯肉を黒く変色させることがある。
  • 自費診療となるので、経済性には優れていない

ハイブリッドセラミックス

ハイブリッドセラミックスは、ポーセレンの審美性と耐久性、硬質レジンの操作性を併せ持った素材であり、インレーからブリッジ、インプラントの上部構造まで幅広く対応しています。

ハイブリッドセラミックスの長所・短所

ハイブリッドセラミックスの長所

  • 色が変わりにくい
  • 磨り減りづらい
  • 天然歯(生まれながらの自然の歯)に近い硬さをもっているので、歯にやさしい
  • 一切金属を使わないで使用できるので、金属アレルギーの方にも安心して使用ができる。
  • また扱いやすく修正が容易

ハイブリッドセラミックスの短所

  • 自費診療となるので、経済性には優れていない
  • 条件により磨り経るのが早くなり、審美的に使うとなれば(4〜5年)となる

保険診療との比較

保険内の診療で使用する白い歯は、硬質レジンというプラスチックのものです。

硬質レジンの長所

  • 保険内で適応できるので、コスト的に優れている
  • 技工操作が優れている(非常にむずかしい技術ではない)

硬質レジンの短所

  • 時間が経つと共に変色する
  • 耐久性に乏しい

インレー

インレーとは、むし歯での治療の際に、天然歯(自然の歯)を最小限に削ってそこに技工物を詰め込む方法のことです。
白い歯の詰めるタイプの治療は保険でもおこなえますが、歯全体をかぶせる治療(クラウン)は保険内ではできない部分(臼歯)があります。

インレーの種類とメリット・デメリット

ゴールドインレー

ゴールドインレーの長所 ゴールドインレーの短所
色が変わりにくい 自費診療となるので経済性には優れていない
磨り減りづらい 条件により、磨り経るのが早くなり審美的に使うとなれば(4〜5年)となる
天然歯(生まれながらの自然の歯)に近い硬さをもっているので、歯にやさしい。  
一切金属を使わないで使用できるので、金属アレルギーの方にも安心して使用ができる。  
扱いやすく修正が容易  

銀合金インレー

銀合金インレーの長所 銀合金インレーの短所
保険適用で経済性に優れている 年月が経つと黒く変色する
見た目が目立つ

白金加金インレー

白金加金インレーの長所 白金加金インレーの短所
ゴールドより薄い色なので目立ちにくい 自費診療となるので、経済性には優れていない

セラミックインレー

セラミックインレーの長所 セラミックインレーの短所
天然歯(生まれながらの自然の歯)と同じような見た目。審美性に優れている 金属製の素材より耐久性に欠ける
自費治療となるので、経済性には優れていない

オールセラミックス

オールセラミックスは金属を全く使用していないため、金属アレルギーの方や審美性(見た目)を気になさっている方に最適です。また、天然歯(自然の歯)にとても近く大変綺麗になる方法です。

オールセラミックスの長所と短所

オールセラミックスの長所

  • 金属を全く使用していないため、金属アレルギーの方でも安心して使用できる
  • 審美性(見た目)に非常に優れている
  • 耐久性に優れている
  • 摩耗しにくい

オールセラミックスの短所

  • 自費診療となるので、経済性には優れていない