インプラント(歯科治療ガイド)

インプラントとは、一言で説明すると人工の歯の根を植えることです。

残念ながら、永久歯は一度失われると二度と生え変わってきません。
これまでは、取り外しが可能な入れ歯や、隣の歯を削って義歯をかけるブリッジが一般的に使われていましたが、固いものをうまく噛めない、隣の歯に大きな負担がかかるなど、それぞれ問題がありました。
しかし、今では人工歯根を植えることにより、もとの自分の歯と同じように噛むことができるようになりました。
インプラントは、ストレスなくものを噛み、食事を楽しむことの喜びを再び手に入れることができる治療法です。近年はその安全性も実証されつつあり、症例実績も蓄積されてきております。

インプラント治療を行うとこうなります

歯を1本失った場合

治療前 治療後
失った部分にインプラントを1本埋入します。
従来は健全な両隣の歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、
インプラントを用いると、健全な歯を傷付けることなく治療を行うことが出来ます。

歯を何本か失った場合

治療前 治療後
従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います。
入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。

歯を全て失った場合

治療前 治療後
従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療します。
この方法なら食物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯があわなくなるようなことはありません。