ホワイトニング(歯科治療ガイド)

ホワイトニングとは、薬剤を使って天然の歯を白くする治療です。
以前は、歯を白くするために歯を削って人工物に置き換えなければなりませんでしたが、
この方法だと歯を全く削らず、安全に歯を白くすることができます。
歯の構造は表側から硬くて透明な「エナメル質」、その下に削ると痛い「象牙質」、
そして中心に「神経」があります。
通常歯が黄色く見えるのは、主にこの象牙質の色が透けて見えるからです。
そこで、薬剤をエナメル質に作用させ、透明なエナメル質をスリガラス状態にします。
これにより、その下の象牙質の黄色い色味が隠され、歯の明度が上がり、白くなります。

※白さの度合いには個人差があります。

ホワイトニングに関しての注意点

むし歯がある場合は、むし歯治療をしてからホワイトニングを行います。
白くしたいレベルに応じて薬剤も強いものになるため、個人差がありますが痛みを覚える方もいらっしゃいます。

オフィスホワイトニング治療前 オフィスホワイトニング治療後

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院内でおこなうホワイトニングです。
1回40分〜50分、数回レーザー照射を行うことで、透明感のある白い歯になります。
ホームホワイトニングと併用することで、効果が高まります。

オフィスホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、ご自宅で寝ている間に簡単にできるホワイトニングです。
まず、患者さんのお口に合った専用のマウスピースを医院で製作します。
そこに、薬液を入れて一日数時間寝ている間に装着していただきます。
自宅でこの作業を1〜2週間行うことで、歯が白くなります。
エムズ歯科クリニックでは、オパール・エッセンスという薬液をご提供しています。

ホームホワイトニング