セラミックの詰め物・被せ物をおすすめする理由

担当: トリートメントコーディネーター 川仁 | 2022.08.09

こんにちは。

エムズ歯科クリニック磯子、トリートメントコーディネーターの川仁です。

暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

夏バテには十分注意して、残りの夏を楽しみましょう。

さて、今回は『セラミックの詰め物・被せ物』についてです。

“セラミック”ってよく聞くけどどんなもの?良いの?悪いの?という疑問をお持ちの方が多いかと思います。

そこで本日は、”セラミック”の詰め物・被せ物のメリット・デメリットをご紹介します。

〇虫歯予防になる

銀歯は材料やセメントの劣化により、歯と詰め物の間に隙間が出来やすく、その隙間からまた虫歯になってしまいます。

セラミックの場合は割れない限り、材料の劣化が起こりづらく、セメントも歯と詰め物・被せ物を化学的に着けることが出来ます。

そのため隙間ができづらく、虫歯の再発予防につながります。

〇清潔に保ちやすい

銀歯は天然の歯よりも汚れを寄せつけやすいです。一方、セラミックは天然の歯よりも寄せつけづらく、
同じように歯磨きをしていても、より清潔保つことができ、虫歯・歯周病予防に繋がります。

〇白く清潔感のある印象

なによりも、見た目が美しいです。「銀歯が目立って嫌だ!」という方におすすめです。

プラスチックはずっと使っていると黄ばんでいきますが、セラミックはいつまでも白さを保つことが出来ます。

△保険診療に比べると高額

保険診療外となるため、銀歯やプラスチックに比べると高額です。
しかし、その分長持ちし、虫歯の治療を繰り返さないので、歯を守ることが出来ます。

△割れるリスクがある

プラスチックやセラミックの材料は強度が弱いと、割れるリスクがあります。
歯ぎしりや食いしばる癖がある方、歯並びが悪く一部に力がかかりやすい方は割れるリスクが高まります。
歯ぎしり防止のマウスピースを使用したり、矯正治療を行ったりすることでそのリスクを下げることが出来ます。
また割れるのが不安な方には、強度の高いセラミックである、ジルコニアがおすすめです。

今回は「セラミックの詰め物・被せ物をおすすめする理由」についてご紹介しました。

当院では様々な種類の材料の詰め物・被せ物がございます。
患者様のお口の中の状態に合わせたご提案もできますので、お気軽にご相談ください。
ご来院お待ちしております。

, , ,

ACCESS / CONTACT

〒235-0036 神奈川県横浜市磯子区中原3−5−22

045-769-2866

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00

休診日:祝日

当院についてAbout

地図・アクセス
スタッフ紹介
理念・治療方針