入れ歯の種類

担当: トリートメントコーディネーター 佐藤(優) | 2021.09.09

こんにちは。

元住吉でトリートメントコーディネーターをしております佐藤です。

9月に入り、急に冷え込む日が増えてきましたね。

 

先月は歯を失ってしまった場合に、

天然の歯に1番近づける治療はインプラントであるとご紹介しました。

しかし、患者様の状態によってはインプラントがベストではない方、

患者様ご自身の判断でインプラント治療を選ばれない方など、

全ての方がインプラント治療を受けるわけではありません。

そこで他の選択肢として考えられる治療方法は義歯(入れ歯)を作成する治療方法です。

 

入れ歯のメリットとしては可撤式(自分で着脱可能)なため、清掃性が良いです。

また、外科的な処置を伴わないため、精神的な負担が少なくなると感じるかたもいらっしゃるかもしれません。

しかし残念ながら入れ歯にはデメリットもあります。

特に保険診療で作成する入れ歯は、

プラスチック製品のため入れ歯自体が分厚くなり違和感が大きかったり、

支えの歯にかける器具が金属で作られているため、見える部分に器具がついている構造の場合見た目を損なうこともあります。

そこで入れ歯の中でもいくつかの選択肢があり、

それぞれの特徴に応じて入れ歯のデメリットを改善することも可能です。

例えば、プラスチック製品で厚みが出てしまうという弱点は金属を用いることで薄く作ることができる“金属床義歯”というものがあります。。

また、器具の金具は“ノンクラスプデンチャー”という入れ歯にすることで、金属の器具の部分をピンクのプラスチックにすることが可能です。

これらは保険外診療ですが、それぞれ特徴の違いがあり、ご自身の希望に合わせたものを作っていくのが良いです。

特徴・費用については以下のURLをご参照ください。

義歯(入れ歯)の費用例(総入れ歯・部分入れ歯)

ご自身にとって最善の治療を受けられるのが良いですね。

入れ歯治療についてお困りのことがありましたらご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

, , , ,

ACCESS / CONTACT

〒211-0034 神奈川県川崎市中原区井田中ノ町33−2

044-400-1154

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00

休診日:祝日

当院についてAbout

地図・アクセス
スタッフ紹介
理念・治療方針