フロス

  担当: 院長 松尾 | 2021.07.29

こんにちは。エムズ歯科クリニック能見台の松尾です。

 

今日は虫歯・歯周病の予防のために必要な知識をお伝えできればと思います。

 

皆さんは普段、はみがきの際にどんな清掃用具を使っていますでしょうか?

 

多くの方が「歯ブラシだけ」「歯間ブラシやフロスは気が向いたときに・・・」

といった感じなのではないでしょうか?

 

歯ブラシはもちろん大事なのですが、実は歯間ブラシやフロスもとても重要です。

 

想像していただくと分かるのですが、歯ブラシで磨けるのは歯の表裏、そして噛む面です。

もっとも磨きやすいのは目で見える表側、そして裏側なのですが、ここは平滑面といってもっとも虫歯になりにくい面なのです。

 

なのでほとんどの方が一番虫歯になりにくい部分を、一番時間をかけて磨いています。

 

虫歯になりやすい所は

・噛む面

・歯と歯茎の間

・歯と歯の間

です。

 

ここに時間をかけるべきなのですが、

先ほど記載した通り、歯と歯の間は歯ブラシでは磨けない部分になります。

 

ここで歯間ブラシ、フロスが重要になってくるわけです。

実際に虫歯で来院される方の大半が歯と歯の間から虫歯になっています。

 

歯に対して意識の高い海外ではブラシよりフロスを優先する方が多いという話もあります。

 

最初は手間に感じますが、慣れてきますので

ぜひ今日から歯間ブラシ、フロスを使うようにしてください。

ACCESS / CONTACT

〒236-0053 神奈川県横浜市金沢区能見台通5−18

045-790-5141

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00

休診日:祝日

当院についてAbout

地図・アクセス
スタッフ紹介
理念・治療方針