スタッフブログ 記事一覧

お話、聞かせてください。

こんにちは。

能見台の歯科衛生士、荒井です。

 

私たち歯科衛生士は患者さんたちの歯をどうやって守り、長く使っていただくか、を常に考えているのですが、先日メンテナンスにいらした患者さんにお話を伺ったところ、

「最近は砂時計を使って時間を意識しながら歯を磨いている。」

と仰っていて、感動しました!

患者さんが時間を作って定期的にメンテナンスで通院なさっていても 来院される日以外のセルフケアが不十分だったら むし歯・歯周病のリスクをしっかりとは管理できなくなってしまうわけですから、まず一番に大切なのが適切なセルフケアなのです。

 

そういう意味で、上述した患者さんのようにセルフケアを頑張ってくださるようになると、私たちは とてもとても嬉しいのです♪

 

適切なセルフケアを行なうために改善した方がいい点が ブラッシング時間なのか、操作法なのか、歯ブラシの大きさなのか、形状なのか、ブラシ部分の硬さなのか、使用する歯磨き粉や補助用具の種類なのか、あるいは家の中で歯磨きを行なう「場所」の問題なのか、タイミングなのか・・・など、あなたの歯と健康を長く守っていくためにどうしたらいいのか、一緒に考えてみましょう。

 

幸せと歯科医院。

こんにちは。

美味しいもの大好き。

能見台の歯科衛生士、荒井です。

 

先日、念願の「ホットサンドメーカー」をゲットしまして、早速 家でホットサンドを作ってみたら…。

DSC_0062

見た目からして美味しそう…!

溶けてるチーズって、どうしてこんなに美味しそうなんでしょうね。(о´∀`о)

あ、もちろんちゃんと美味しかったのですが、よくよく考えてみると、食べ物って味だけじゃなくて 見た目や香り、歯ごたえ、舌触り、温度など、いろいろな要素が絡まりあって一つの「美味しいもの」ができているんだなぁ、と。

 

美味しいものって、シンプルに人を幸せにさせてくれますよね。

なので、皆さんにも美味しいもので幸せになってほしい。

そのためにも しっかり噛めるお口を一緒に作っていきましょう。

 

 

出来るだけ清潔に。

浮かれた気分で家の階段を下りていたら 新年早々 階段から転げ落ちました。

こんにちは、能見台の歯科衛生士、荒井です。

明けましておめでとうございます。

皆様、元気にお正月を迎えられたでしょうか。

 

先日、歯磨きの話をここで上げましたが、覚えていてくださっているでしょうか。

普通の歯ブラシでも電動歯ブラシなどでも、適切な角度・力・スピード・頻度 で磨けていればまずOKなのですが、歯と歯の間に関して言えば、それだけでは不十分になってしまいます。フロスや歯間ブラシなども組み合わせて使用することで よりお口の中をクリーンに保つことができます。

ただ、フロス一つを取っても、種類があり、ご自身に合ったものを選択する必要があります。

普段の歯磨きを よりレベルアップさせたい方は、ご相談くださいね。

 

さて、全然関係ない話なのですが、先日 出かけ先で不思議なものを発見しまして・・・。

カエル・・・?

「1個○○円」などの表記ではなく、ただ純粋に「名詞」を全面に押し出してくるという・・・。

じーっと見ているとジワジワくる感じが気に入ってしまいました。(笑)

みんな違って なんとやら。

こんにちは。

能見台の歯科衛生士、荒井です。

 

最近、患者さんたちから「普通の歯ブラシと電動歯ブラシ、どっちがいいの?」と質問をいただくことがあります。

それぞれに良さがあるので、一言で言うと「どちらでもいい。」になるのですが、そう答えると余りにも ぶっきらぼうになってしまうので(苦笑)、その患者さんの歯並び・歯茎の状態・身体的な条件・ライフスタイルなどに合わせてお答えするようにしています。

しかし、どちらを使うにしても一つ言えるのは、「それだけでは不十分」ということ。

 

続きは またの機会に。( ^∀^)

 

…あ、ところで、メリークリスマス!!

皆さん、特別な ご飯を召し上がっているでしょうか?

お口の中の問題で 食べたくても食べられないものがある方は、一度 お話を聞かせてくださいね。m(._.)m

 

腎臓だって頑張っている。

こんにちは。

能見台で歯科衛生士をしております、荒井です。

 

先日、某病院が主催している公開医学講座を受けるために藤沢へ行って参りました。

今回のテーマは「腎臓」。

腎臓というと、老廃物を身体から排泄するという機能が まず思い浮かびますが、実際はそれだけではなく。

私が特に「あ~、そういえば!」と改めて感動したのが、「腎臓は血液を作るためのホルモンを出している」ということでした。

ホルモンですよ? 腎臓がエリスロポエチンというホルモンを分泌して、骨髄に赤血球を作るよう指令を出しているのです!

赤血球は体中に酸素を運ぶために必要で、その赤血球を作るための指令を出しているということは・・・、腎臓って、すごく重要な臓器じゃないですか!

こぶし大 の比較的小さな臓器なのに・・・。

腎臓の機能を見直す、いい機会となりました。

 

 

そうそう。

「酸素を運ぶ」といえば。

私たち人間は鉄(ヘモグロビン)に酸素を乗せて体中に酸素を届けていますが、イカ、タコ、エビなどは銅(ヘモシアニン)に酸素を乗せて体中に流しているため、私たちの血液が鉄由来の赤い色をしているのに対し、イカたちのそれは銅由来の青い色をしています。

 

やっぱり、生き物には酸素が必要ですよね。

 

あ、でも細菌によっては酸素が嫌い・・・

と、この話をし始めるとまた長くなってしまいそうなので、続きはまたの機会に。(笑)

 

 

 

カエルの設定。

こんにちは。

能見台で歯科衛生士をしております、荒井です。

 

この時期は あちらこちらで「着せられてる感」のあるキャラクターなどを見る機会が増えてきますね。

先日は駅の近くのドラッグストアに・・・

 

クリスマス仕様にされているカエルを見つけました。

ハロウィンの時期はもっと奇抜な仮装をさせられているんだろうか・・・。

でもこのクリスマス仕様、よく見ると芸が細かいんですよね!

よくご覧になってみてください。

帽子の先が わざわざ後ろのフェンスに引っ掛けられているのです!

そして、帽子には 顎にかけるリボンまで付けられている。

こういう演出ができる方は きっとすごい美的センスをお持ちの方なんだろうな~、と想像してみたり。

もしかしたら絵画なんかも お得意かもしれませんね。

 

そうそう。

「カエル」といえば、私はカエルが大好きなのですが、この間 当院の先輩が私にカエルの時計をプレゼントしてくれまして!

 

かーわーいーいー!(^o^)

このカエルたち、ちょいちょい話しかけてくるのですが、

「カエルの子どもは おたまじゃくしケロ?」

「そんなに見つめるなケロ~。」

( ^ω^)微笑ましい気持ちになります♪

その一方、突然・・・

 

 

「実家に帰らせていただきます!」

と言われたときは思わず二度見してしまいました。

どういうストーリー設定なんだ・・・。

 

ようやく次のシーズンへ。

こんにちは。

能見台で歯科衛生士をしております、荒井です。

 

今日は外出先で美しい光景を目にしました。

DSC_0001

黄金色のイチョウの木です!

この時期、これを見ないと冬を迎えられませんよね。

 

イチョウの木と青い空のコントラストも さることながら、イチョウの葉も美しいですよね。

「見るからにイチョウ!」という、シンボリックな形じゃないですか。

秋を独り占めするような存在感ですよね。

 

 

 

DSC_0002

「季節を独り占め」といえば、「鰆(さわら)」もそうですよね!

「魚偏に春」ですよ?!

春を独り占めしちゃってますよね~。

 

季節ごとの楽しみ方をいろいろ学びたいものですね。

粋な大人になりたい。

 

 

 

直線美。

こんにちは。

能見台で歯科衛生士をしております、荒井です。

 

夜景って、いいですよね。

ある程度の距離から眺めた時に視界に入る光の強さ、色、配置などに美しさを感じる私は、ひたすら夜景を観るためのDVDも持っています。

 

先日は空港の夜景も撮影しました。

201711031952あ

 

空港の夜景の何が一番いいかって、やはり滑走路の 直線状にライトが並ぶ様(さま)ですよね!

そのラインをじーっと眺めるだけでも たっぷり楽しめます。

 

「直線」といえば、ナスカの地上絵の 滑走路のような直線も美しいですよね。

誰が なんのためにあの地上絵を作ったのか、いろいろな説がありますが。

かなりの高さの上空から眺めないと完結しないものじゃないですか。

不思議だなあ・・・。

 

ちなみに、地上絵ではハチドリが一番のお気に入りです♪

いきなり聞かれても・・・。

 

 

こんにちは。

能見台で歯科衛生士をしております、荒井です。

 

先日、友人に誘われて「酉の市」というものに行ってきました。

想像以上の賑わいで びっくりしました!

屋台もたっくさん出ていて、私たちは じゃがバター、貝の串焼き、ホルモンなど、いろんなものを食べました♪

最近はいろんな種類の屋台があるのですね。

 

そんな中、目に留まったのが「だるま」。

だるまが屋台で売られていたんですよ!私は初めて目にする光景でした。

私はだるまが前から好きでだるまのグッズなどをたまに買うので、今回もひとつ、小さいものを買おうと思い立ちました。

私:「(小さいだるまを指さしながら)これください。」

店員:「500円です。ひとつ選んでください。」

私:(500円を渡し、だるまを選んで立ち去ろうとする。)

店員:「それでは、火を入れまーす!」

私:?!

店員:「・・・あ、だるまの顔をこちらに向けてください。」

私:「あ・・・はい。(だるまの顔を店員に向ける。)」

店員:「願い事はどうしますか?」

私:「えっ・・・、願い事??」

だるまの買い方を全く知らなかった私は戸惑い、突如聞かれた願い事を何にしようか考えあぐね、パッと口をついて出たのが・・・

 

 

 

 

 

私:「じゃあ、出世で!」

店員も予想していなかった答えだったのか、なんか笑われました。(笑)

その後、家内安全がどうとか、出世がどうとか(笑)、声高に歌われ、最後に火打ち石みたいなもので チャッチャッとやってくださいました。

すごく粋な世界だなあ、と思いました。

来年も買いに行こうかな。

そのときは もっと冷静に願い事を考えてから行こう。(笑)

201711181638

 

 

 

 

 

 

 

“ROSSO” と “BIANCO”

 

こんにちは。

能見台で歯科衛生士をしております、荒井です。

 

先日、外出先のカフェでパスタを注文したところ、アサリの貝の中から・・・

小さなカニが出てきました!!

小さいうえに半透明。

カニの赤ちゃんでしょうか・・・?

このカニには申し訳ないけれど、「なんだかラッキー!」と思いつつ 一口で むしゃりと行きました♪(^_^)

 

ちなみに、このパスタのメニューには「ロッソ か ビアンコをお選びいただけます。」と書かれていて、「よく分からないけど、ボンゴレ・ビアンコって よく聞くからな・・・。」と思い、とりあえず 通ぶって「ビアンコ」を注文したのですが(笑)、後々調べてみたら「ロッソ(ROSSO)」はイタリア語で「赤」、「ビアンコ(BIANCO)」は「白」という意味であることが分かりました。

考えてみたら英語の「赤」は “RED”  ですよね。

同じように “R” で始まるということは 単語のルーツが同じなんでしょうかね。

でも英語の「白」は “WHITE” ですよね。 “BIANCO”とは  綴りも発音も全然違う。

ということは「赤」を意味する単語が広まっていく前からそれぞれの言語圏で先に「白」を意味する単語が生まれていたのか・・・?

いや、でも「ホワイト」と「ビアンコ」って、ちょっと発音が似ている気がしないでもない・・・?

 

言語って 面白いですね!

1 / 212