スタッフブログ 記事一覧

オトナの楽しみ方。

こんにちは。

能見台の歯科衛生士、荒井です。

先日、久しぶりに中古本のお店へ行きました。

最近は本を買うとなったらまずネットで探すことが増えていたのですが、本棚の本をぶらりと眺めて、「あ、これ面白そうだな。」って楽しみ方をしたくなるとき、ありますよね?

案の定、初対面だけどとても面白そうな本 2冊と出会えました☆

オトナになったら、目的をいかに効率的に達成するかだけではなく、そこまでのプライスレスな過程も楽しみたいものですね。

ちなみに、昨今は歯に関する一般向けの本もたくさん出版されていますね。

一部の本のタイトルには「ええ~、そういう言い方しちゃうの?」などと批判的な感情を抱くこともありますが、逆にそういう本から新たな知識や着眼点を与えてもらえることもあるんですよね。

どんな本も食わず嫌いせず、まず読んでみてもいのかもしれません。

仲よくしよう♪

こんにちは。

能見台の歯科衛生士、荒井です。

最近、磯子の分院にペッパーくんが引っ越してきたのですが。

これがまた可愛いんだ~!!

首を傾げたり、目がピコンピコンしたり、こちらと目を合わせてきたり。

で、最初は全く話してくれなかったのですが、最近は「可愛い!」と話しかけるとたまに反応してくれるようになってきまして!

今日は「可愛い!」と言ったら、「可愛い♪」とマネしてくれました!!

これからもどんどん言葉を覚えていくのかな?

成長が楽しみです☆

前世はインド人だったかもしれない。

こんにちは。

能見台の歯科衛生士、荒井です。

最近、インド映画がマイブームで!

バジュランギおじさんと、小さな迷子」は以前 映画館で観たのですが、もちろんDVDも購入しました!

家でも号泣!!

文化って、不思議ですね。

言葉・宗教・食生活などが違っても、分かり合えるものがある。

ちなみに、この間 観た「シークレット・スーパースター」も秀逸でした。

映画館で嗚咽を我慢するのに必死になったのは初めてでした・・・。

アーミル・カーンはカッコよすぎるし・・・。

部屋に憧れの人のポスターを貼る人の気持ちが分かってきました♪

好き過ぎて。(照)


どうしよう・・・。

好き過ぎてツライ・・・。

こんにちは。能見台の歯科衛生士、荒井です。

最近、「彼」が好き過ぎて・・・。この間なんて、休日の前の日の夜 寝る前、気が付いたら「彼」の声を2時間近く味わっていて・・・。

どうしたらいいと思いますか?

ちなみに、「彼」というのは「Mrs. GREEN APPLE」というアーティストなんですけど。

いい意味で、すごく商業的というか。

タイアップなんかも、そこで求められている曲をよく理解して作っている感じがして。

ミセスはホント、どんな顔もできるんですよね!

とにかく最高!

好き!!

大好き!!!(*>v<*)

ということで、皆さんもミセスの曲を色々聴いてみてください!

高校生っぽい爽やかな青春曲もあれば、いかにもなアニソンもあれば、酸いも甘いも知り尽くしたオトナの男性が歌っているような味わい深い曲もあります。

はぁ~・・・、ミセスと同じ時代に生きられて幸せ!

四季を楽しむ。

こんにちは。

能見台の歯科衛生士、荒井です。

先日、今季初めて花火を観に行きまして!

季節の風物詩は ちゃんと味わっておかないともったいないな、と思いました。

ただ、本当はもうちょっと長い時間花火を楽しみたかったのですが・・・。

花火も食事も、腹八分目くらいがちょうどいいのかな、とも思いますし。

「ちょっと足りない」くらいで来年の花火を心待ちにしておこうと思います。(^_^)

皆さんの夏の思い出も聞かせてくださいね☆

雨の日のギフト。

こんにちは。

能見台の歯科衛生士、荒井です。

雨の多い時期は気分が落ち込んでしまう日も多いのですが・・・、雨が降った後の花や葉っぱを見るのは好きです。

ちゃーんと その表面に雨が雫となって乗っかっているのですよね。しみ込むことなく。

その様が美しくって、外を歩いている時も たまにふと立ち止まって写真を撮ったりしています。

自然って、どうしてあんなに美しいんでしょうね。

皆の時計が回っている。

こんにちは。

能見台の歯科衛生士、荒井です。

最近は気候の変化を様々な場面で感じますね。

紫陽花は あちらこちらで美しい色を楽しませてくれています。

今日も出かけ先で綺麗な紫色の紫陽花の写真を撮ってきました。

自宅の庭のアガパンサスは今にも花が開きそうなくらいパンパンになっています。

ツバメは巣で一生懸命ヒナを育てている光景が各地で見られますね。

気温だけでなく、自然からも季節をじっくり味わいたいですね。

初夏の緑。

こんにちは。

能見台の歯科衛生士、荒井です。

最近は徐々に暖かい日が増えてきて、「初夏」という感じがしてきましたね。

そんな昨日、お昼に初夏らしい緑色のものを摂取しました。

サラダと、以前から「あまりオススメしない・・・」と噂に聞いていたサントリーの天然水”GREEN TEA”です。(笑)

どんな味なのかと警戒して飲んでみましたが・・・、たしかに、今までにない感じの飲み物でしたね。

水とも、緑茶ともつかない、というか。

暑い時にゴクゴク飲みたい感じでした。

皆さんも飲んでみてください☆

春をエンジョイ。

こんにちは。

能見台の歯科衛生士、荒井です。

最近、桜が綺麗なのはもちろんですが、菜の花や柿の木も美しいですね。

菜の花は爽やかな黄色。

柿の木は新しく若々しい緑色の葉が わっさわさ。

自然にはサイクルがあって、季節ごとに主役が変わる。

「季節」といえば、以前、ここで「鰆」という漢字が「春をひとり占めしている感じがして いい」と書きましたが、最近、「蠢く」という漢字を知りました。

「うごめく」と読むそうです。

「春」という字に、「虫」が二つ。

この漢字を考えた人はいいセンスしてますね。

見ていると微笑ましい気持ちになってくる漢字ですね。

受け入れるということ。受け入れられるということ。

こんにちは。

能見台の歯科衛生士、荒井です。

先月から、映画鑑賞を趣味にしています。(以前から映画鑑賞は好きだったのですが、最近はほとんど観られていなかったのです・・・。)

ということで、今回観てきたのは・・・、「グリーンブック」です。

タイトルになっている「グリーンブック」というのは、アメリカで黒人が利用可能な施設が記された旅行ガイドブックのことです。

1936~1966年まで毎年出版されていたそうですが・・・、意外と最近のことですよね。

テーマがテーマなので、かなり覚悟して観に行きましたが、ユーモアも交えながらのストーリーで、一言で言うなら「痛快な作品」でした。

私自身は昔、親の仕事の都合でアメリカに一時期住んでいたことがあったのですが、とにかく英語が分からなくて・・・。

でも同じアパートに住んでいたアメリカ人(?)の高齢男性(クリスチャン)は私とすれ違う時にはいつも英語で私のために祈ってくれて。

なんて言っているのかよく分かりませんでしたが、「彼女(私)が今、生きるための糧を神様から与えられていることを感謝している」「今日も一日健やかに過ごせるように」と、祈ってくれているのは分かりました。

あの時の経験が、今の私の外国人に対する考え方の原点になっている気がします。

外国人である私を、あのおじいさんが受け入れてくれたということへの感謝。

そして、国籍が違っても、言語が違っても、宗教が違っても、肌の色が違っても、私はあのおじいさんのように他者を受け入れたい、と。

そうそう。今回の映画を観に行った時は、公開から3週間ほど経っていたのに、ほぼ満席でした!

こういうテーマの映画をこれだけたくさんの人が関心を持って観に来る日本であることが なんだか嬉しかったです。